JA広島信連とは

私たちJA広島信連は、
地域のJAと共に農業と地域を支えるJAグループの金融機関です。

JAとは?

Japan Agricultural Cooperatives」の略称で、「農業協同組合」の愛称です。

「JA」は相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。

株式会社のように利潤を追求することを目的とせず、組合員・利用者のための最大奉仕を目指しているところに特徴があります。

JAマーク

JAグループとは?

JAグループは、農家組合員をはじめとする組合員組織を基盤に、市町段階のJA、都道府県・全国段階の連合会組織で構成しています。
また、それぞれ機能分担のもと「信用事業」「指導事業」「経済事業」「共済事業」「厚生事業」といった様々な事業を展開しています。
これらの組織の統合体を「JAグループ」と呼んでいます。

JAグループの仕組み表

JAグループで行われている事業

  • 信用事業 組合員・地域の利用者の皆様の金融機関として、貯金・融資・振込・口座振替等の業務を行っています。
  • 指導事業 農産物の生産や畜産に関して、生産性や品質を上げるための支援や、暮らしの相談等を行っています。
  • 経済事業 農作業に必要な肥料・農薬・農機具を供給するほか、地域社会へ新鮮で安全な農作物を安定供給しています。
  • 共済事業 病気や事故、災害等万一の場合の備えとして、保険と同様のシステムで組合員・地域の利用者の皆様の暮らしをお守りします。
  • 厚生事業 健康診断や介護支援等を通じて、組合員・地域の利用者の皆様の健康と生活をお守りします。

JAバンクとは?

JAグループの信用事業は、市町段階の「JA」、都道府県段階の「信連」、全国段階の「農林中央金庫」で構成しています。
これら信用事業の全国段階での構成グループの総称が「JAバンク」です。
また、広島県内の県域段階での構成グループの総称が「JAバンク広島」です。

JA広島信連の役割

私たちJA広島信連はJAバンク広島の事業活動を統括・サポートする存在です。
私たちの担うべき役割には以下のようなものがあります。

JA広島信連の役割

JAサポート機能

広島県内JAに対する金融知識等の研修業務、金融法務等に関する相談業務、キャンペーンや新規金融商品の企画業務等による、JAの業務運営サポート

合同運用機能

JAからお預かりした貯金を、貸出や有価証券で運用し、その収益をJAへ還元することでJAの経営サポート

センター機能

県内JAにおける事務処理の合理化・効率化をサポートするため、手形・為替・歳入金等の集中処理(為替事務センター)のほか、融資支援システムを活用した事務処理・債権管理(融資センター)、子会社において情報処理システムの一元的な開発・管理(情報センター)を行うなど、センター機能の役割

JA広島信連の部門紹介

監査室 業務ラインから独立した内部監査部署として、他部署が行う業務の適切性や資産の健全性をチェックします。
管理部門
総務部 総会等各種会議の段取りや、庶務関係、人事、労務管理、採用、教育研修、役員の秘書業務等、職場内外での運営がスムーズに進むための環境整備を行う役割を担います。
企画管理部 JA広島信連の決算や子会社の管理を行うほか、事業計画の立案や予算配分の決定等、組織としての方向性を定める役割を担います。
リスク管理室 リスクマネジメント全般にかかる統括部署として、資金運用セクションが行う業務のリスクについて精査・管理を行っています。
また、コンプライアンス統括部署として会内のコンプライアンス推進に取り組んでいます。
運用部門
営業部 JAからお預かりした貯金を、農業関連企業や地元企業に融資することで資金運用を行うとともに、資金面から農業・地域経済の振興支援を行っています。
また、JAが行う「農業の担い手」育成の取り組みを推進・支援する役割も担っています。
資金証券部 JAからお預かりした貯金を、債券等の有価証券投資や農林中央金庫への預金を行うことで資金運用を行っています。安定的な収益確保が前提となるため、リスク・リターンを考慮した長期的な運用を行っています。
JAバンク部門
事務集中部 広島県内JAの「為替事務センター」としての役割を担い、JAの窓口で受け付けられた手形、小切手、振込、公共料金引き落とし、金銭収納などを集中処理しています。
JAバンク推進部 JAの経営に関する指導・アドバイスをはじめ、金融機能の拡充や体制整備、貯金商品の企画・開発・PR活動に取り組んでいます。さらに貯金業務に携わるJA職員に対する研修を実施するほか、法務・税務・年金等の相談業務を行っています。
融資センター JA・JA広島信連・広島県農業信用基金協会が共同で運用している部門です。
JAが実施する融資業務の推進のため、ローン商品の企画・開発・PR活動に取り組んでいます。またJAの融資部門に対する指導、サポートを実施するほか、融資担当職員向けの研修や法務相談等を担当しています。
関連会社(100%出資子会社)
(株)広島県農協情報センター 県内JAおよびJAグループ広島の情報処理機能を一元的に開発、管理する業務を行っています。