組織概要

組織概要

名称 広島県信用農業協同組合連合会
設立 昭和23年7月
代表者 代表理事理事長 梶田 隆仁
事業内容 金融業務全般および県内JAに対する金融・経営コンサルティング
出資金 802億円(平成30年3月末現在)
職員数 180名(男性110名、女性70名)(平成31年2月末現在)
本所所在地 広島市中区大手町四丁目6番1号
総資産 2兆4,400億円(平成30年3月末現在)
自己資本比率 21.12%(平成30年3月末現在)
関連会社 株式会社 広島県農協情報センター(東広島市三永二丁目4番19号)

歴史

昭和23年07月 広島県信用農業協同組合連合会を農業協同組合法に基づき設立
昭和41年07月 内国為替の取扱いを開始
昭和46年11月 信連貯金が1,000億円を達成
昭和51年10月 国庫金の取扱いを開始
昭和54年02月 全国銀行内国為替制度へ加盟
昭和56年12月 信連貯金が5,000億円を達成
昭和57年06月 広島県農協手形交換センターを設立
昭和63年11月 信連貯金が1兆円を達成
昭和63年12月 (株)広島県農協情報センターを設立
平成04年04月 農協の愛称に「JA」を採用
平成06年10月 日本銀行歳入復代理店の事務取扱いを開始
平成07年04月 信用事業の名称を「JAバンク」へ変更
平成14年01月 JAバンク広島県本部を設置
平成15年01月 JASTEM(全国統一オンラインシステム)へ移行
平成27年12月 信連貯金が2兆円を達成